お知らせ

2019/06/15
【京都府】納税管理人制度について
京都府税務課からのお知らせです。

納税義務者が、京都府内に住所等を有しない場合においては、納税に関する一切の事項を処理させるため、納税管理人を定めなければなりません。
納税管理人は様式の受領や納税、還付等を受けることができます。
また、不動産を取得した際は、その不動産の所在地を担当する府税事務所等に申告する必要があります。
2019/06/14
京都市からのお知らせです
【都市計画の見直し等に関する市民意見の募集について】
京都市では、本年3月に「持続可能な都市構築プラン」を策定し、また、「新景観政策の更なる進化検討委員会」から、本年4月に答申をいただきました。
これらを踏まえて、地域の特性に応じて暮らしや営みを活き活きとしたものに誘導し、魅力的で持続可能なまちづくりを推進するため、この度、都市計画の見直し等の施策案を取りまとめ、市民の皆様からのご意見を募集しています。詳細は、以下のホームページをご覧ください。
HP:https://www.city.kyoto.lg.jp/templates/pubcomment/tokei/0000251622.html
2019/06/11
国土交通省からの連絡
国土交通省から「2019年度農薬危害防止運動の実施」について連絡がありました。
農薬危害防止運動は、本格的な農薬使用の時期を迎える6月1日から3ヶ月間、農薬の適正販売、安全かつ適正な使用及び保管管理並びに使用現場における周辺への配慮を徹底する目的で実施されます。
詳細につきましては、下記の総本部のホームページをご覧ください。
http://www.zennichi.or.jp/2019/06/04/190604/
2019/05/31
京都市都市計画局執務室移転のお知らせ
京都市都市計画局の執務室が6月10日(月)から順次分庁舎(押小路通北側)2階に移転します。
主な課の移転日は次のとおりです。
①6月10日→建築指導課、建築審査課、都市計画課、開発指導課
②7月1日→都市総務課、まち再生・創造推進室 
2019/05/28
開業支援セミナーを開催します
毎年大変ご好評いただいております開業支援セミナーを今年も開催いたします。
先輩起業家の体験談を聞いてあなたも独立や起業を考えてみませんか?
開業についての不安な点や疑問点を解消できる個別相談や参加者特典もあり!インターネット広告のポイントなども扱います。


ご興味をお持ちの方はお気軽にご参加ください。参加申し込みやお問い合わせは京都府本部事務局(TEL075-251-1177)まで

2019/05/20
(一社)日本建築防災協会からお知らせ
(一社)日本建築防災協会からのお知らせです。
2019年度(第9回)の耐震改修優秀建築・貢献者表彰の募集が開始されます。
詳細は下記のリンクをご覧ください。
○(一社)日本建築防災協会ホームページ
 http://www.kenchiku-bosai.or.jp/
2019/05/10
【近畿財務局】令和元年度第1回期間入札の公示について
近畿財務局から一般競争入札についてのお知らせです。
詳細は下記のリンクをご覧ください。

○お問い合わせ先 
近畿財務局管財部入札班 電話番号 06-6949-6122

○近畿財務局ホームページ
http://kinki.mof.go.jp/kanzai/pageknkhp00200007.html

京都の不動産に関する質問・トラブルの解決を全力サポート

  • 加盟店検索
  • 全日京都府本部の公益事業
  • 無料相談会
  • 一般保証業務
  • 入居ガイド
  • 不動産Q&A
    インスペクション業者について
  • 不動産基礎知識

  • 京都市防災マップ
  • 京都府マルチハザード情報提供システムHP
  • 住まいの震災対策

不動産業開業をお考えの方

公益社団法人全日本不動産協会は、業界最古の歴史を誇る不動産業界の全国組織です。60年余の歴史と実績で安心経営をサポートしています。

不動産開業支援セミナー
  • 全日入会のメリット

    安心して不動産業を経営していただけるよう様々なサポートをご用意しております。
  • 入会費について

    公益社団法人全日本不動産協会へのご入会費用はこちらからご確認ください。
  • 開業までの流れ

    開業されるまでに必要な手続きなど大まかな流れをフロー図にしてご説明いたします。
  • 入会書類のダウンロード

    ご入会をご希望の方はこちらより必要書類をダウンロードいただけます。

全日本不動産協会会員の皆様へ

東日本大震災からの着実な復興、福島原発事故の早期終息と復旧復興を心からお祈り申し上げます。
又、近い将来に必ず来ると言われている大地震に対し、『防災意識』を高め、身の回りから出来ることを積み重ねて『減災』に努めましょう!